2018/10/13

前回の記事から少し時間がたってしまいました。

あれだけ暑かった夏が嘘のように毛布を出してきた今日この頃・・・

皆さんいかがお過ごしですか?

本日は少し長めの記事になりますが、最後までよろしくお願いします。

本気で職人を育てる    

あとりえ湯輪夢 

場所決定

場所は、王子南町 そう今の事務所とほぼ同じ場所となりました。

大分駅と西大分駅の中間点にあります。

だから別府方面の方も通える範囲内だと思います♪

二年前にコロリエを立ち上げてから主に、どちらかというと健常者の方向けのサービスとなっていました。

技術も欲しいけど、経済的に厳しいと言っておられる障害者の方々にどうやったら学んでもらえるか・・・そのことは、ずっとずっと頭の中にありました。

試行錯誤の中、就労支援の制度を利用して職業訓練施設にはならないか考察しました。

就労支援の中には、3つあって、

●就労を目指す方々就労に必要な技能を学ぶ「就労移行支援」

●週5日 4時間程度の勤務を行い雇用契約で働く「就労継続支援A型」

●雇用契約を結ばず、体調に合わせた利用が可能な「就労継続支援B型」

一番適しているのは「就労移行支援」ですが、2年間という期間設定があり2年では技能習得が十分とは言えないことからB型の制度を利用することとなりました。

そのようなことから、このあとりえ湯輪夢は一般的な就労継続支援B型とは少し違います。

障害者手帳をお持ちの方に働きながら、全くのゼロからそれぞれのペースで学んでいただき、その技術を活用して収入を得ていただこうという施設なのです。

先日、相談事業所の相談員の方に、「時給はいくらになりますか?」と質問をされ、いい言葉が見つからず返答できなかったことがあります。私の中に時給と言いう概念がなかったからなのです。

しかし、多くの利用希望者はまずは時給で利用するかどうかを図るそうです。

確かに今できることを貨幣価値に変えるとすれば、そういう視点になると思いますが、どんな仕事もやはり技能や経験で上がってくるものでしょう。まずは学校に行くつもりで利用し...

2017/12/02

おはようございます。

 いつもコロリエにご理解とご協力をいただきありがとうございます。

 今日は、『絵を描くこと』についてお話させていただこうと思います。

 一般的に、保育園や幼稚園までは絵をかいたり、歌を歌ったり、お遊戯したりと情操面に影響を与える活動を毎日みんなで楽しく行っていますね。子供たちは絵をかくのが大好きです。

 しかし、5~6歳ごろから世間も家庭も少しずつ記憶偏重の教育活動に変化し始めます。​
 小学校に入ると、こくご、算数、理科、社会に多くの時間を取るようになり、あんなにみんなでお絵かきして楽しかったのに、授業としての図工となると周りのみんなや先生、お母さんやお父さんの評価が気になり始めます。

8歳ごろになると自分がうまくできないと気が付き劣等感が生まれ、画用紙の前で出された課題にたいして、なにをどう形にしてよいかわからず、固まっていくようになります。


 それが後にじぶんのことを「絵心がない」と決めてしまうターニングポイントといえるでしょう。

 絵が描けないというレッテルを自分で貼って、できないから嫌い、苦手、やらないそんな風に大人になっていったのではないでしょうか?

 絵心があるという素晴らしい素質を持った方以外は皆さん同じようなルートをたどります。

 一方、親が絵を描いている、手芸やDIYをしている、料理を手伝わせているなど、家庭の中で創造する環境のなかにあれば、何かを作り出すことが日常となります。何気ない日常の中で、目的達成のためにどうしたらできるかを考える力が習慣化して「絵心がない」というレッテルを張ることもなく大人になれるような気がします。

 たとえば料理を、ただ手伝わせるのではなく「今日はあれが食べたい」→「材料は何がいる」→「作る順番」そういったことを一緒に考えることでゴールに向かっての組み立てが備わっていくと思うのです。子供達には絵画教室に通わなくても楽しみながら一緒にゴールを目指す何かを体験させてあげてほしいものです。


 ほとんどの大人は絵が苦手と言います。

...

2017/08/05

毎月20本ずつ届くというフェリシモの色鉛筆二年かけて全色が揃うというもの。
人間の目は約730色を識別できると言われていますが、その7割を実際に鉛筆にしてしまうって夢があって素敵な試みですね!

色の識別には個人差があって、人によってはほとんど区別できない色とかもありそう。

色は有彩色3色と無彩色2色の計5色あればすべての色を作ることが出来ます。

(理論上はね笑)

実際私も今回100色セットを購入したので、全部で90+48+100=238本持っていますが、使いこなせてはいないかな~^^;.

ということでコロリエセレクト36色くらいのセットを只今製作中!
色んなメーカーの特徴と色味をセレクトしてみています。乞うご期待!

2017/06/22

 「絵を描くのは好きですか?」

と質問をすると

 「はい!大好きです!」

そう答える方はそうそういません。

3歳~5歳児の時は、そう親が答えていたと思います。

でも、大人になった今は、

「絵は、ダメですね~全くセンスがなくて」

「いつも美術は最悪でした」

「下書きはすごくうまく描けるんですけど、色付けが苦手でxxx」

「そもそも絵心がなくて~」

そんな言葉をよく聞きます。

いつからそんな苦手意識が芽生えたのでしょうね。。。。

誰にも習わずに、写真のように一目でわかる絵を描くことを期待され、

自分では結構うまくできたと思っていたのに、母にすごく笑われたり、叱られたり・・・

どう描けばわからないまま

絵から遠ざかっていき、そのまま大人になった。

そういう方も多いでしょう。

では、描き方を知っていたらどうでしょう?

例えば記号 △や□、○など、その他書道で知ってる漢字ならば、すぐ書けますよね?

それと同じで、木の描き方、山、川などの描き方を知っていたらどうでしょう。

「描き方を知っていれば誰でも描ける」

マスターコロリエは、その描き方を伝えることが最大のお仕事なのです。

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

一般社団法人日本ユニバーサルコロリエ協会

運営 : 就労継続支援B型 あとりえ湯輪夢

〒870-0007 大分県大分市王子南町2-18
097-510-5439

070-6593-1649
<受付時間>8:30-17:30(土日祝は除く)

  • Facebook - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now